歯の詰め物(インレー)の種類と特徴

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科衛生士の花森です。

今回は「詰め物(インレー)の種類と特徴」についてです。

そもそも「インレー」ってなんだろうと思われる患者さんが非常に多いと思います。
インレーとは、歯の部分的な虫歯などを治す治療方法で修復物(補綴物)の中でも、「詰め物」のことを指します。虫歯がある程度大きくてCR(その場で治療が完了するもの)では治療できない時にインレーで治すことになります。
インレーは虫歯を削って、そこから更に形を整えて型を取り技工所で作製し、出来上がったものをセット(装着)するという流れになります。

 

インレーは素材によって、色や強度、また虫歯のなりやすさ、変色のしやすさなどさまざまな違いがあります。
当院の保険治療では、
メタルインレー(銀歯)
②CAD/CAMインレー(白色)
自費治療では、
①ハイブリッドインレー(白色)
②セラミックインレー(白色)
③ゴールドインレー(金色)
があります。

ではまず保険治療で治す方法をお話していきます。

保険治療】

①メタルインレー

主に奥歯で使用される銀色の金属の詰め物で、いわゆる銀歯です。
主に「金銀パラジウム合金」という金属を使用し強度は強く、保険適用により安価で作ることができます。
しかし見た目が悪いこと、セメントの劣化による脱離や温度変化に弱いため伸縮しやすく、歯と銀歯の間に隙間がてきそこから虫歯菌が侵入し再び虫歯になりやすいこと、金属アレルギーの方には不向きなどのデメリットがあります。
Pdインレー

メタルインレー

②CAD/CAMインレー

CAD(Computer Aided Design)は、コンピューター上でデザイン、設計を行うことです。

CAM(Computer Aided Manufacturing)は、CADで作られたデザインをもとに、製作する機械がどのように動けばいいかの指示するシステムのことをいいます。

CAD/CAMとはその両方の機能をもつソフトウェアのことをいいます。

2022年4月からインレーの保険治療においても部分的に適用可能になり、条件に合致した場合は保健治療でも白い材料での治療を行うようさせて頂きます。
今まで保険でできる奥歯のつめものは銀歯しか認められていませんでしたが、新たにCAD/CAMインレー(キャドカムインレー)と呼ばれる白い詰め物が保険適用になりました。
CAD/CAMとはレジンと呼ばれる歯科用プラスチックにセラミック(陶材)の粉末を混ぜた素材です。
保険診療で白くなり、金属を使っていないので金属アレルギーの方でも問題ありません。

見た目は白くなりますがプラスチックなので、強度は弱く、徐々に変色したり、汚れがつきやすいことがデメリットとしてあげられます。またCAD/CAMインレーは保険診療の制度上、すべての歯に適用できるものではないので注意が必要です。

CAD/CAMインレー治療前

CAD/CAMインレー治療前

CAD/CAMインレー治療後

CAD/CAMインレー治療後

次に自費治療で治す方法です。

【自費治療】

①セラミックインレー

セラミック(陶材)が使用されています。
保険が適用されないので高価にはなりますが、
白さはもちろん透明感や艶という点でも限りなく天然歯に近づけることが出来ます。
また変色しにくく、白さが長持ちし、金属が解けて歯茎が黒くなるということもありません。レジンよりも丈夫で耐久性があり、汚れや着色が付きにくく2次的な虫歯にもなりにくいと言われています。
見た目が綺麗なことはもちろんですが削った歯を長く残すという意味でもセラミック治療は有効です。
セラミックインレー

セラミックインレー。色調や光沢が変化せず、長期的に安定しています。

②ハイブリッドインレー

ハイブリッドセラミックと呼ばれるレジンプラスチックとセラミックの中間素材のインレーです。年月とともに少し変色したり、強度は弱くなりますが100%セラミックの詰め物と比べると比較的安価で、適度な柔らかさと美しさを備えています。
ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー。時間経過と共に変色してきます。

③ゴールドインレー

ゴールドはセラミックやハイブリッドのように自然な色ではありませんが、保険診療のメタルインレーとは違い錆びにくく、金属の溶け出しもほとんどありません。強度が高いので、噛む力の強い方や、歯ぎしりの癖のある方、また、力のかかりやすい奥歯にも使用でき、ピッタリと合うので、治療後も虫歯になりにくいというメリットがあります。
ゴールドインレー

ゴールドインレー。 こちらのケースは治療後30年くらい経過しています。オーソドックスな治療法ですが、安定していて長持ちします。

ここまで詰め物についてのお話をしてきましたが、
せっかく治療をして良い状態になったお口を健康に保ち、再発を防ぐには治療後のメンテナンスが重要です。
ご自宅での毎日の歯磨きに加え定期的に歯科医院に通いメンテナンスを受けるが必要になります。
治療が終了した後は3〜4ヶ月毎の定期検診をお勧めします。
何か分からないことがありましたらお気軽にご相談下さいね。
メインテナンス
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

治療がとても苦手だった私が、笑顔に自信が持てるようになった理由

こんにちは。
浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 アシスタントの池田です。
今回は、『実際に治療を受けて思ったこと、治療体験談』についてです。

タチバナ歯科医院ドア

私は、中学生の頃から虫歯が出来始めて何度が歯医者に通ったのですが、麻酔や削る時の痛さが耐えられなくて歯医者が苦手になってしまいました。
歯が痛くても、歯医者に行きたくないから我慢して我慢して耐えました。
そんなある日、夜寝ようとしたら歯が痛くてどうしようもなく一晩中寝られなくて朝を迎え泣く泣く学校へ行った事もありました。
痛さが限界になったら、意を決して歯医者に行く…そんな事を繰り返していたら下の左右奥歯は全部銀歯になり、上の左右奥歯も銀歯になってしまいました。
上下噛み合わせる歯の神経が両方無くなると、食べ物を噛んだ時に味は美味しいのに食感が美味しくない事に気づいた時はとてもショックでした。
だからと言って歯医者に行くのは、怖いし痛いの嫌だし食べて美味しくないのも嫌だし…と思いながらも歯医者を避けてきていました。

 

歯があっても、歯がなくて入れ歯になっても歯医者は一生通わなくてちゃ行けないところ。だったら仕事にしてしまえば嫌でも慣れると思い働き始めました。

治療のアシストに付きながら、患者さんの歯がキレイに治って行くのを見ているうちに、私も歯を白くしたい、歯をキレイにしたいと思うようになりました。
久しぶりの麻酔は、本当に怖くて緊張しました。
心臓の音が聞こえるのではないかってくらいドキドキして、アシストに付いてくれたスタッフに手を握ってもらいどうにか頑張る事が出来ました。
麻酔が効いていれば、削ってる痛みはないのですが音で痛い気がしてもの凄く疲れました。神経のない歯は、麻酔をする必要がなく何本もやり変えるところがあったので、最後の方は大分慣れる事が出来て音も大丈夫になりました。

自分の中で、治療が出来る!大丈夫!と思えた頃にまた麻酔をする歯の順番が回ってきました。
少しドキドキしたのですが、何本も治療してきたし大丈夫と自分に言い聞かせならが挑んだのですが…
表面麻酔のお陰で、全然痛みがなくて気が付いたら打ち終わってました。
それには、本当に驚きました。

タチバナ歯科医院院長

過去の経験から勝手に痛いものだと思い込んでいて怖がっていたのだと気が付きました。

何本も治療したので、だんだん治療の内容が分かってきて次に何をするのかが分かったので変に緊張したり怖がらずにいられたのだと思います。

全部が白い歯になった口の中を見て、本当に感動しました。
今は、口元を手で隠して笑ったりせず自信を持って大きな口を開けて笑う事が出来るし、人前で大きな口を開けて物を食べる事が出来ます。
自分の笑顔に自信が持てるようになりました。

私のように歯医者が苦手で治療が出来ずに困っている方、勇気を振り絞って見ませんか?
大きな一歩を踏み出すお手伝いをさせて頂けたら嬉しいです。

タチバナ歯科医院診療室

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

保険診療と自費診療って何だろう?

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院、歯科助手の佐藤です。
今回は、「保険診療と自費診療」の治療の違いについてお話します。

歯科治療には、保険診療と自費診療の2種類の治療があります。保険診療は、一部負担するだけで比較的安い料金での機能回復ができる診療です。全国の歯科医院で同じような治療が受けられますが、重点を置いているのは、ある程度の基本的な機能回復です。メリットは、お財布に優しいです。

見た目の自然さや美しさ快適さや精密さなどは含まれていません。
コスト低減を重視しているので、使用する材料にも安価さが求められます。

自費診療は、保険診療のように素材や作製方法の制限がありません。選択肢の中からいろいろなものを自由に選ぶことができます。
金属アレルギーの心配がある人は、セラミック製の人工歯を選ぶこともできます。
入れ歯は、薄く丈夫で食べ物の温度が分かる金属床の入れ歯を選ぶこともできます。
インプラント治療で、歯に悩まない生活をおくれます。入れ歯に代わって歯を補う方法として、アゴの骨に支柱を打ち込むインプラント治療。歯に負担がかからないこと。自分の歯のように咬める。入れ歯やブリッジの時には食べられなかった堅いものや粘着性のあるものも、インプラントでならしっかりとまるで自分の歯のように咬むことができます。
ブリッジ治療は両隣の歯を土台にするため歯を削らなければならない。しかし、インプラント治療は周囲の歯を傷付けず欠損した歯だけを補う事ができる理想的な治療方法です。
私、自身も院長先生にインプラントの治療を行って貰っています。お陰で、日々の食事も美味しく食べれていますよ‼️
精密根管治療では、ラバーダム防湿や器具の滅菌及び可能な限りのディスポ使用。
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を利用することで、今まで見えなかった物が見えるようになり目で確認しながら治療が可能になりました。
十分に時間をかけられるので、より丁寧な治療が可能です。
ただ、治療費は患者様の全額負担になります。歯科医院によっても治療費が異なります。

見た目の美しさはもちろん、機能性や耐久性、治療期間の短縮、再発予防の観点などなど、各個人の状況に応じてベストな選択をできるのが自費診療です。

タチバナ歯科医院では、患者様に寄りそって診察を行い、必ず治療前に治療方法の説明を行い、保険診療にするか?自費診療にするか?を患者様に選択して頂き治療を行っております。
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯科治療を受けて思ったこと

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科助手・受付の飯沼です。
今回は実際に院長の治療を受けて思ったこと、感じたことをお話しします。

タチバナ歯科医院診察券

私はタチバナ歯科医院に就職後、しばらくしてからむし歯が見つかってしまい、治療を受けなければならなくなりました。

治療前は痛かったらどうしようという不安がありました。これは私に限らずみなさんも不安に感じているのではないでしょうか。
ですがご安心ください。治療が開始したら「痛くないですか?」とかあるいは事前に「しみたりするかもしれないので言ってください」などのたくさん声かけしてくれるので割とリラックスして治療を受けることができました。

あともう一つ、先生の言う事は絶対、というイメージがありました。
ですがそんな事もなく、むしろ「この歯はどうしたいですか?種類はどうしますか?」と選択肢を与えてくれて一緒に決めていけてので、これも安心して治療を受けられる事へ繋がりました。
このように患者さんのことを第一に考えてくれるのでここで治療してもらえて良かったと心の底から思います。
みなさんも治療開始前に不安や疑問等ございましたら小さな事でも仰ってください。

私はこれまで院長の治療を4、5回受けたことがあります。
その内容は詰め物の作り直しや親知らずの抜歯、口内炎を診てもらったり、原因不明の歯の痛みが出た時に診てもらったりと、様々な内容の治療を受けてきました。その内容すべてを詳しくご紹介します。

まず初めに詰め物の作り直しをした時の事をお話しします。

私の場合、昔他院で治療したところが少し欠けていてしみてる状態だったので型取りをして作り直しました。その頃の私はこの業界に入ったばかりで何の知識もなかったので、治療前になぜ作り直す必要があるのか、詰め物の種類(インレーの場合4種類あります)、そのメリット・デメリット、費用のこと、新しい詰め物の歯の色(実際に鏡を見てどの色が合ってるのか一緒に確認します)、いつ出来上がってくるのかなど、ありとあらゆる事を説明してもらいました。
実は小さい頃から通っていた歯医者以外で治療を受けるのが初めてだったので正直不安でいっぱいでしたが、不安をすべて解消してもらってから治療に入ったので安心して受ける事ができました。実際の治療も麻酔注射もほとんど痛みなく、削るのも型取りも痛みなく本当にあっけなく終了しました。

タチバナ歯科医院補綴物

次に親知らずの抜歯は3本分を2回に分けて抜きました。

これも先ほどと同様、抜いた方がいい理由、このまま抜かなかったら今後どうなってしまうのか、十分に説明を受けて納得したうえで抜歯しました。
※もちろん抜かないことも先延ばしにすることも可能ですので医師にご相談ください。医師に言いづらい方もいらっしゃると思います。その時は近くのスタッフや受付でご相談ください。

1回目は1本分の抜歯だったのですが、、、正直痛かったです。涙が出たのを覚えています。(院長ごめんなさい)痛かったら教えてねと言われたものの、抜歯は麻酔しても痛いものだと勘違いしていて我慢してしまいました。ですが「もうすぐ抜けるよ~頑張って~」と声かけしてくれるので気が紛れて頑張れました。2回目の時はトラウマもあり、麻酔を多めに用意しました。最初は麻酔1本で抜いてみてやはり痛かったので追加で麻酔をうってもらいました。なので2回目は痛みなしで歯を抜いてもらいました。1回目の痛さは何だったんだろう、と笑っちゃいます。

抜歯に限らず治療中痛みを伴う場合がもしかしたらあるかもしれません。麻酔効きやすい人、そうでない人様々ですので痛い時は遠慮せず医師におっしゃって下さい。痛い顔すれば医師もアシスタントもすぐ気付きますのでご安心ください。

タチバナ歯科医院画像診断

続いて口内炎ができた時のお話をします。

口内炎くらいで先生に診てもらうのは申し訳なかったのですが痛すぎて食事が辛かったので診てもらいました。その時は薬を塗ってもらって、自宅でも塗れるよう薬をだしてもらいました。
私と同じように「口内炎なんかで」と思っている方いたら躊躇せずぜひいらして下さい。些細な事でも構いませんのでお待ちしております。

 

最後に謎の痛みが出た時のお話です。

ある日歯がズーンと痛くなり診てもらいました。咬み合わせを調べたり、むし歯を測る機械で調べたりしても特に問題がなかったためこれで終わりかと思いきや、今度は神経が生きてるか死んでるかのチェックをやり、痛みの原因が何なのかを色んな器具を使い徹底的に調べました。結局寝ているときの食いしばりが原因と分かり、むし歯じゃなくてよかったと安心したのを覚えています。

このように痛いとなったら原因が分かるまで調べてくれます。時にはレントゲンを撮りなおしたりして問題ないか診てくれます。治療途中の歯ももちろんですが他の歯が痛くなった場合も安心して医師にご相談ください。

フロス

今はもう2度とむし歯にならないように、しっかり歯みがきとフロスをしていますが、もしまた院長に歯の治療をしてもらった時には、その体験談をブログにてお話ししますのでよかったらまたブログを覗きにいらして下さい。

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯科衛生士が行う歯周病治療について

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科衛生士の鈴木です。

今回のお題は「歯科衛生士が行う歯周病治療」についてです。

タチバナ歯科では、責任を持って継続的に患者様を診るために、歯科衛生士は患者担当制になっております。私が担当している患者様、いつもご来院ありがとうございます。

歯周病とは、歯周病菌によって歯を支える歯槽骨が溶かされてしまう病気です。骨が溶け歯茎が下がり、最悪は歯がグラグラになってしまうのです。溶けた歯槽骨は残念ながら元に戻すことは難しいのですが、これ以上進行しないよう処置することを歯周病治療と呼んでいます。

では、歯科衛生士の行う歯周病治療の流れを簡単にご説明いたしますね。(詳しくは当院HP歯周病治療の流れをご参照ください)

1. 歯周病の検査

歯周ポケットの測定、レントゲン、お口の中の写真撮影、歯型の型取りなどがあります。

2. ブラッシング指導(歯磨き指導) 

歯周病治療を行う上でベースとなるのはご自身での日々のブラッシングです。これが疎かになってしまうと歯周治療も上手くいかなくなることもあります。

3 歯肉より上の歯石の除去

歯肉より上に付着している歯石をきれいに取り除きます。これを行うことである程度の歯肉の炎症が取り除かれ歯肉からの出血や腫れ、痛みが改善されます

4 歯肉より下の歯石の除去

歯肉より上の汚れが取れたら次に歯肉より下の歯石を除去していきます。ポケットの中の歯石は歯肉が覆いかぶさっているため全てを確認できるわけではありません。そのためとても高い技術のいる治療となり、そのため私たちも技術を切磋琢磨しております。

5. 再評価 

ここまでの治療により、歯肉の状態が改善したかどうかの検査を行ないます。ここで状態が回復しなかった場合には、継続して治療を行ないます。

6. メンテナンス(定期健診へ) 

治療後も歯周病から歯を守るために、1~4ヶ月に1回の定期健診をお勧めしています。

このような流れで歯周病治療は進められております。何だか難しい言葉の羅列で分かりにくかったでしょうか?要は歯についている歯石を徹底的に除去するということです。

状態によっては期間も少しかかってしまいますが、途中で通院が途絶えないよう、患者さんに寄り添い励まし、楽しみながら通院していただけるよう、私は各個人にあったアプローチを常に考えるようにしています。歯周病治療を通じて様々な患者様と出会い、私自身も学ばされることが多いです。「患者さんの健康寿命を伸ばす」ことを使命に私たちも頑張っております。ご理解いただけたら幸いです。

明日も皆様が楽しく歯磨きしてくださることを願って…☆     鈴木

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]