高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)と滅菌のクラス分類について

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科衛生士の鈴木です。

今回は、当院で取り扱っている滅菌器についてお話します。

文章に、ちょっぴり漢字が多かったり、皆さんが普段聞きなれない専門用語がチラホラ出てきたりするかもしれません。

難しく感じて読みにくいかもしれませんが、ご興味をもってご覧いただけたら嬉しいです。

 ①滅菌器ってなに?

 皆さん、高圧蒸気滅菌器(以下、オートクレーブと呼びます)という言葉はご存知でしょうか?

オートクレーブとは、患者様の治療に使用する器具・機材を滅菌する専用機器のことです。内部は真空状態にできるので、そこへ高圧の蒸気を注入することで、精度の高い滅菌を行います。滅菌は、患者様に安全な医療・感染対策を提供するうえで大変重要なものとなっています。

②滅菌のクラス分類ってなに?

 実は、その滅菌にも、以下のように3種類のクラス分けがされていることも、皆さんご存知でしょうか?

 【クラスB(Big)※最高ランク】すべての形態の医療機器の滅菌ができる

クラスB滅菌器

【クラスS(Special)】複雑な形状の医療機器の滅菌ができる

クラスS滅菌器

【クラスN(Naked)】一般的な歯科医療施設で行なわれる滅菌ができる

クラスN滅菌器 

一般的に使用されているものの多くが、クラスNになるかと思います。

しかし当院では、クラスBのオートクレーブを導入しております!

オートクレーブには、滅菌システムのスタンダードとなるヨーロッパ規格EN13060が定められており、「クラスB」は、その最高ランクとなります。

クラスBは、すべての形状の医療機器の細菌・ウイルスを死滅させる滅菌レベルなのです。

レベルの高い滅菌を行えることで、患者様だけでなく、我々スタッフも感染から守られているのです。このオートクレーブのおかげで、働いている私たちも自信を持って安心して患者様に医療を提供できています。

当院では、クラスBのほか、クラスS・クラスNのオートクレーブも併用し、短時間で滅菌可能な小器具用の小型オートクレーブや、歯を削るタービンの自動注油機も導入し、迅速かつ安全に滅菌の行き届いた器具を常に患者様に提供できるよう対応させていただいております。

クラスB滅菌器 

③大事なことは毎日のお手入れ

 

毎日オートクレーブを正確に稼働させるため、スタッフが当番制でお手入れし、欠かさずお掃除も行っております。これを怠ってしまうと、どんなに機械が優秀でも滅菌が不十分になることもあり得るからです。これらを管理するのも我々スタッフの大切な仕事の1つになります。歯磨きと同じで、毎日のお手入れが重要なのです!

クラスBのオートクレーブは特に精密なので、メーカー様に直接メンテナンスしていただくことも心掛けて管理しております。

小器具用滅菌器

④当院における感染対策の取り組み

 

コロナが流行る以前から、当院では、患者様が安心して治療を受けていただけるよう、滅菌・消毒など衛生管理の徹底に努めて参りました。

滅菌消毒の徹底のほか、空気清浄機の導入や口腔外バキュームなど目に見えない細菌対策として、いち早く環境設備にも力を入れて取り組んできました。

施術者が触れる場所はラップをし、患者様ごとの交換も徹底しております。

※詳しくは、当院HP「院内感染予防の取り組み」をご覧ください。

https://www.tachibanadc.com/infection-control.php

 

タチバナ歯科医院は、患者様にとって「安心して治療が受けられる、かかりつけ医」であり続けたいと考えております。

やはり自分が患者として治療を受ける場合、接遇だけでなく、衛生面においても信頼できる医院に通いたいと思うからです。皆さんもそう思いませんか?

感染対策おいて、当院では自信を持って対応いたします!どうぞ安心してご来院ください。

今回このブログを読んで、医院の裏側では滅菌においてオートクレーブという立役者くん達が大活躍してくれているということを、皆さまに少しでも知っていただければ幸いです。

滅菌バッグ

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯科助手のお仕事

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科助手の佐藤です。

今回は、歯科助手のお仕事について簡単にお話しさせて頂きます。

歯科助手の仕事ってどんな事をするの?と思われる方もいらっしゃると思いますよね。

☆治療、アシスト義務☆

歯科医師や歯科衛生士が治療をスムーズに行えるように、サポートをします。治療、器具の準備や治療中のバキュームで唾液を吸い込み、被せものや詰め物をつけるためのセメントを用意したり、型を取るための印象材を練ったりもします。
歯科医師が治療する時にスムーズに治療が行えるように治療器具をタイミング良く渡すことも仕事です。
診療アシスト

☆診療室の管理☆

治療現場での清潔な環境を保つための、院内清掃、環境を整えることも仕事です。

☆治療器具の準備☆

診療前に使う器具を揃えたり用意をしたり、治療に使った器具を洗浄、消毒、滅菌をして、元の位置に戻して整理整頓することも歯科助手の仕事です。
器具洗浄

☆円滑な診療のサポート☆

患者様1人1人の治療内容を事前に確認、使う器具を準備やレントゲン撮影、口腔内写真撮影の準備をし、歯科医師や歯科衛生士、助手や受付で連携をとることで、安心安全に治療を提供出来るように努めております。

☆患者さん対応☆

来院された患者さんの状態を伺って歯科医師や歯科衛生士に伝えたり、治療後に次回のお約束(アポイント)を取ったり、電話でのキャンセルや予約変更等の対応をします。
患者さんの中にはドクターに相談しずらい治療の悩みがあったり、疑問や質問などちょっと聞いてみたいけど聞けなかった事があるのではないでしょうか。
そのようなちょっとした疑問、質問、その他もろもろを歯科助手が聞き、ドクターに伝えたりします。歯科助手は患者さんにとって一番近い存在の為、患者様とドクターの橋渡しの役割も大切な仕事になります。
電話対応

 

このように私たち歯科助手は患者さんの治療が安全かつ円滑に進むように努めております。そのためタチバナ歯科医院では患者様にもお願いをしている事があります。
いい治療を提供出来るようにスムーズに診療を進めるために、患者さんにも時間のお約束(アポイント)を守って頂く事をお願いしております。

歯科助手の1日の流れ

朝、出勤しタイムカード(当院はオンライン出勤管理ですが)を押し制服に着替える。
8時45分
朝礼、医院理念を皆で復唱し、スタッフ一同今日も患者様ファーストを信念に1日の来院される患者様の一人一人の申し送りをしてから、院内の清掃、診療の準備を行います。
9時30分診療開始
12時
午前診療が終わり、昼休みまでの時間内に治療で使った器具の洗浄、滅菌、消毒をします。
12時30分から13時30分まで休憩時間です。
スタッフはお弁当を持参したりして皆で食べています。
しっかり休憩することも仕事です。午後の仕事のために。
13時30分
午後の準備、午前同様、患者様をお迎える為の準備を行います。
14時午後の診療がスタートします。
18時診療終了
片付け、院内の清掃、明日の準備、カルテや書類の整理、機械の電源を落として業務終了です。
ただし、転んでぶつけて歯が折れたり、唇を切ってしまったなどのケガやお痛み、腫れ、前歯がとれた、入れ歯が壊れたなどの急な対応を要する患者さんがいらっしゃる事もあるので、休憩時間の入りや終了時間は残業する場合もあります。
歯科助手の仕事は歯科医の補助から使用する器具、道具の洗浄、消毒、滅菌と治療から受付、患者さんの案内、会計、次回予約やアポイント管理、電話対応、カルテの整理、院内の清掃など、医院業務全般のサポートをするのが助手の仕事になります。
仕事の範囲が幅広く、歯科専門用語もたくさんでてきます。歯科助手は資格が必要がありませんので、未経験でも歯科助手になれます。
タチバナ歯科医院では知識と技術の向上の為の常に歯科助手も学び知識を増やしています。

院内の縁の下の役割が歯科助手だと思います。

受付対応

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯科業界素人がタチバナ歯科医院に2年勤務して思った事

こんちには。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科助手・受付の飯沼です。
今回は歯科業界素人だった私がタチバナ歯科に2年勤務して感じたギャップや大変だったこと、やりがいなどをお話しします。

歯科医院で働くことになったきっかけ

まず初めに私が歯科業界で働きたいなと思ったきっかけは接客、受付をやりたいなとざっくりした希望がありました。その中でも仕事にするなら何か専門的な知識を得られる仕事がいいなと思い歯科助手の仕事を選びました。
働く前の歯科助手のイメージは患者さんの唾液を吸ったり、必要な器具を先生に渡したりするイメージでした。ですが実際働いてみるとそれだけではなく患者さんの口腔内の写真撮影や、器具の滅菌、歯型に石こうを盛ったりと細やかな作業が多い仕事なんだなとギャップを感じました。

小器具用滅菌器

実際にお仕事をしてみて

実際にお仕事を始めてみて大変だったことは治療内容を理解すること、治療ごとに使う器具、材料を覚えるのが一番苦戦しました。虫歯の状態によって治療内容が何種類もありそれぞれ使う器具も全く異なるので覚えるのに頭がパンクしそうでした。最初の頃は必要のない材料を準備して無駄にしてしまったり、治療には関係のない器具を用意して先生を困らせてしまったりたくさんミスしてました。ですが仕事の合間に周りのスタッフが何度も教えてくれたり院長・副院長・他の先生に治療内容を一つ一つ教えてもらったりして少しずつ理解できるようになりました。アシストしながらもこの器具はなぜ必要なのか、この治療の時は材料どう使ってるのか観察して覚えることができました。

歯科業界で働いてみて良かった点は虫歯・歯周病に対する関心が高まったことです。当院は予防に力を入れています。なぜ虫歯になってしまったのか、歯周病にならないためにはどうしたらいいのか患者さんにお伝えしています。
入社する前は歯磨きが雑で奥歯まで届いていませんでしたしフロスも年に1回やるかやらないかレベルでした。ですが今では歯ブラシも丁寧にやりフロスも毎日やる習慣がつき虫歯になりにくくなったなと実感しています。将来歯周病にならないためにも若いうちにフロスやる習慣つけれて良かったなと思います。

治療の段取りを覚え、先を見て「次はこの器具を使うんだ」と流れを覚えていけばスムーズに治療が進んでいき時間通りに終わらせることができます。常に次のことやカバーが必要かどうか色々なことを考えて働いている時にやりがいを感じます。また先生と患者さんの会話から、その日必要な器具を会話中に準備します。指示される前に効率よく準備できたときは心の中で「ヤッター!!」って思っちゃいます。

タチバナ歯科医院受付

2年間を振り返って

当院では入社したら必ず教育係として先輩スタッフがつきます。独り立ちするまで面倒をみてくれるので未経験だった私でも安心して働くことができました。教育係のスタッフだけでなく全スタッフ、先生たちもフォローしてくれたので初めて働く歯科医院がタチバナ歯科で良かったなと本当に思います。
またスタッフ・医師間の距離が近いことも魅力的だと思います。職種や年齢など立場関係なく意見を言える環境です。仕事のことだけでなくプライベートの話もするので家族みたいな雰囲気のあるこの医院が大好きです。そう思える職場で働けてるのは良かったなと感じます。

タチバナ歯科医院スタッフ

次は受付業務のこともお話しできたらなと思いますのでもしよかったらまたブログを覗きにいらしてください♪
長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございます。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

来院時にお願いしたいこと

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科助手・受付の飯沼です。
今回は「来院時(治療時)に患者さんにお願いしたいこと」について何点かお話しさせて頂きます。

まず初めに、当院は完全予約制となっております。

初めてのご予約や予約の変更・キャンセル等はお電話にて承っておりますので何かございましたらお電話にてご相談ください。
この完全予約制は一人でも多くの患者さんを診るため、また時間通りのスムーズな診療を行うために行なっております。当日の治療内容に合わせてそれぞれ器具や材料などを準備しております。
やむを得ずキャンセルされる場合は、できるだけ前日までのご連絡を頂けるとキャンセル待ちの患者さんがおられますのでありがたいです。もちろんご病気など急な体調不良の場合はご無理をなさらずにご連絡ください。

そして当院は患者さんをお待たせしないよう時間通りの治療を医師・スタッフ一同心掛けております。ですので予約時間に5分以上遅刻される場合は必ずご連絡くださるようご協力をよろしくお願いいたします。

タチバナ歯科医院診察券

次に持ち物についてお願いしたいことをお伝えします。

初診の方は保険証(お子さんの場合は医療証も)ご持参ください。
もしお忘れになってしまった場合は保険適用ができませんので、初診料や検査料含めて約1万5千円(子供8千円)ほどのお支払いが必要になってしまいます。
ですが次回保険証の確認がとれ次第、差額を返金させて頂きますのでご安心ください。
初診でご来院頂いた同月以内に保険証の確認を取らせて頂きますので、なるべく早急にご提示のご協力をよろしくお願い致します。

またお薬を服用中の方はお薬手帳もあわせてご持参下さい。医師へ伝達する為にコピーを取らせて頂くこともあります。

通院されている患者さんにも保険証の確認をさせて頂きますので保険証、お子さんの場合は保険証と医療証をセットでご持参ください。また保険証の変更や負担割合の変更、住所、電話番号等の変更があった際には受付にてお申し出ください。

お薬を飲んでいる方で通院中に服用薬が変わった場合は歯の治療に影響を及ぼす可能性があり危険ですのでその都度必ずお薬手帳のご提示をお願い致します。

 

次にお子さん連れの方へお願いがございます。

当院にはキッズルームが備わっておりますが、2021年4月現在は新型コロナウイルス感染症拡大予防対策として使用を中止しております。付き添いはできるだけ控えて、最少人数での来院をお願い致します。
またベビーベッドはご用意しておりませんので赤ちゃんをお連れの方はベビーカーでご来院して下さると助かります。当院のユニット(治療イス)スペースは広い設計になっておりベビーカーとご一緒に入れますのでご安心ください。
中には赤ちゃんをお腹にのせたまま治療を受ける方もおりますが、ユニット付近には歯を削る鋭利な器具や針等があり大変危険ですのでベビーカーでお越しくださると医師・衛生士が安心して治療に集中できますのでご協力よろしくお願いします。

もし治療中に赤ちゃんを預かって欲しい場合は、スタッフの配置などアポイント調整が必要なので事前にご相談ください。

タチバナ歯科医院院内

以上、お願いしたいことがたくさんあり大変恐縮ですが、気持ちよく治療を受けて頂くためにスタッフ一同でいろいろと試行錯誤しております。
みなさまにおかれましてもご理解とご協力をよろしくお願いします。

最後までご覧下さりありがとうございました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯科衛生士って、どの人?

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科衛生士の早川です。
今回は『歯科衛生士』についてです。

よく私たちは患者様から「看護師さん」や「先生」と言われることがあります。また歯科助手と歯科衛生士の区別がついていない方がほとんどだと思います。あまり馴染みのない『歯科衛生士』というのがどんな仕事なのかお伝えします。

タチバナ歯科医院院内

1.歯科衛生士とは

歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯や口腔をはじめとした健康づくりをサポートする国家資格を有する専門職です。

2.歯科助手と歯科衛生士の違い

歯科助手は国に認められた資格はありません。受付事務や診療の準備・片付けを担当する仕事で、医療行為は行えません。

歯科衛生士は国家資格を持ち、患者様の口腔内に触れる医療行為を行えます。

3.歯科衛生士の三大業務

①歯科予防処置

歯科医師の指導の下むし歯予防のためにフッ化物などの薬を塗ったり、歯周病予防のために歯石を除去したりする。

②歯科診療補助

歯科医師の診療・治療を補助する。

患者様の口腔内を直接触れることのできる歯科衛生士が治療の一部を担当します。

③歯科保健指導

歯磨きや食生活指導を行う。

最近では寝たきりの方や要介護者などのために訪問口腔ケアを行ったり、咀嚼や飲み込む力を強くする訓練も行っています。

近年では、さまざまな研究から口腔内の健康と全身の健康の関係が明らかになり、歯科衛生士の役割にも関心が高まっています。歯科医院や大学病院だけでなく、市町村の保健センターや老人介護施設など活躍の場が広がっています。

いかに健康で長生きするか。
そのためには口の健康が一番だと思います。いつまでも自分の歯で食べる力・健康で生きる力が必要です。
幼い頃から予防の大切さを知り、一本でも多く自分の歯を残し、食事を楽しむ。そして口腔内の知識だけでなく全身医療知識も持って健康をサポートしていきます。

当院には歯科医師・歯科衛生士・歯科助手がいます。私たちはチーム医療で患者様の診療を行っています。皆様が安心して楽しく来院できるようスタッフ一丸となって取り組んでいます。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]