院内研修会(選択理論心理学ワンデーセミナー)の報告その2

こんにちは浅草の歯医者、タチバナ歯科医院受付の飯沼と申します。

当院では年に一回、1日を臨時休診にして院内研修を行ってます。
先日その院内研修があったので今回はそのお話をします。

今回は外部講師(選択理論心理士、慶應義塾大学大学院SDM研究所研究員の齋藤みずほ先生)をお呼びして選択心理学のセミナーが開催されました。

教わった内容としては人は基本的欲求と呼ばれる5つの欲求を生まれながらにして持っているという事、上質世界の存在などの内容でした。
『基本的欲求』とは

①「愛、所属」の欲求②「力」の欲求③「自由」の欲求④「楽しみ」欲求⑤「生存の欲求」があるそうです。
私は①②の欲求は弱く③④⑤の欲求はとても強い結果でした。昔から団体行動が苦手で友達と買い物行ってもしばらくしたら一人で違うお店に入ったりしてました。この行動は自由欲求が強いからこその行動だったんだなと気付くことができました。
この欲求の強弱は人それぞれ異なっていて、この欲求が強いからあの人はああいう行動してたんだな、という発見があり面白かったです。人により欲求が違うからこそ相手の欲求を知り、尊重しながらお互い歩みよるのが大事、という事を学びました。

『上質世界』とは

人は脳の中に好きな事、興味ある事、楽しみな事をイメージ写真として持っているそうです。何か決断をする時にそのイメージ写真が上質世界に入ってるか入ってないかが重要な要素になっているそうです
私の上質世界はスヌーピー 、登山、北海道などが入っています。ここに最近「担当医」が仲間入りしました。この担当医が上質世界に入っていない時に採血して下さいと言われた時とても不快に感じました。ですが毎日会話してるうちに自然と上質世界へ入っていてその時に採血して下さいと言われても不快には感じませんでした。このように上質世界にいるかいないかで同じ事柄でも肯定的にみるか、否定的にみるか違う反応になります。

このセミナーから学んだ事

相手の上質世界に入ってしまえば依頼も意見も肯定的に捉える事ができるという気付きがあったので、これから仕事する上で私も患者さんの上質世界に少しでも入れたらいいなと思いました。その為には患者さんの頭の中には何が入ってるのか探って、何の欲求が強いのか理解することが大切だなと感じました。相手の表情や言い方、身に付けているものなどにヒントがあると思うので注目して仕事しようと思います。

タチバナ歯科医院受付

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

The following two tabs change content below.
浅草の痛くない歯医者 タチバナ歯科医院の橘樹秀春(タチバナヒデハル)です。日々の診療や生活の中の出来事を通じて、お口や身体の健康のための情報や歯を痛めないコツ、歯の重要性などをお伝えして行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。