ワンタフトブラシって何?

こんにちは。浅草の歯医者、タチナバ歯科医院 歯科衛生士の早川です。
今回は『ワンタフトブラシ』についてです。

「ワンタフトブラシって何?」「初めて聞く!」「見たことはあるけど使ったことがない」「買ってみたけど使い方が分からない」…ワンタフトブラシと聞いてどの反応が当てはまりますか?

ワンタフトブラシとはずばり磨きにくいところをピンポイントで磨く歯ブラシです。

 普通の歯ブラシと違い、筆のように毛先がぎゅっと密にまとまっているので、ヘッド部分がかなり小さい歯ブラシです。そのため通常の歯ブラシでは届きにくいところにスムーズに当てることができます。

歯並びの悪いところ、親知らず、完全に萌えきっていない歯、ブリッジ部分、歯周ポケットが深い歯、1本だけ離れている歯、矯正装置周辺など普通の歯ブラシでは磨き残してしまうところに使います。

当院では以下の2種類をメインに取り扱っています。

ワンタフトブラシ2種類

左:ミクリン 右:タフトブラシ

タフトブラシ  *タフトブラシ*
歯と歯の間にピタッとフィットするように毛先が三角形になっています。普通の歯ブラシでは毛先が届きにくいところを磨くのにお勧めです。

 

 

 

 

ミクリン*ミクリン*
タフトブラシよりも毛先が細くなっているので歯周ポケットが深いところから汚れを掻き出します。

通常の歯ブラシで磨きにくいと感じているところに是非使ってみて下さい。またお子様の仕上げ磨きで、舌が邪魔で下の歯の内側が磨けないと感じている方も是非使ってみて下さい。

使い方や選び方など何か疑問があれば当院の歯科衛生士にお尋ね下さい。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

The following two tabs change content below.
浅草の痛くない歯医者 タチバナ歯科医院の橘樹秀春(タチバナヒデハル)です。日々の診療や生活の中の出来事を通じて、お口や身体の健康のための情報や歯を痛めないコツ、歯の重要性などをお伝えして行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。