高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)と滅菌のクラス分類について

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科衛生士の鈴木です。

今回は、当院で取り扱っている滅菌器についてお話します。

文章に、ちょっぴり漢字が多かったり、皆さんが普段聞きなれない専門用語がチラホラ出てきたりするかもしれません。

難しく感じて読みにくいかもしれませんが、ご興味をもってご覧いただけたら嬉しいです。

 ①滅菌器ってなに?

 皆さん、高圧蒸気滅菌器(以下、オートクレーブと呼びます)という言葉はご存知でしょうか?

オートクレーブとは、患者様の治療に使用する器具・機材を滅菌する専用機器のことです。内部は真空状態にできるので、そこへ高圧の蒸気を注入することで、精度の高い滅菌を行います。滅菌は、患者様に安全な医療・感染対策を提供するうえで大変重要なものとなっています。

②滅菌のクラス分類ってなに?

 実は、その滅菌にも、以下のように3種類のクラス分けがされていることも、皆さんご存知でしょうか?

 【クラスB(Big)※最高ランク】すべての形態の医療機器の滅菌ができる

クラスB滅菌器

【クラスS(Special)】複雑な形状の医療機器の滅菌ができる

クラスS滅菌器

【クラスN(Naked)】一般的な歯科医療施設で行なわれる滅菌ができる

クラスN滅菌器 

一般的に使用されているものの多くが、クラスNになるかと思います。

しかし当院では、クラスBのオートクレーブを導入しております!

オートクレーブには、滅菌システムのスタンダードとなるヨーロッパ規格EN13060が定められており、「クラスB」は、その最高ランクとなります。

クラスBは、すべての形状の医療機器の細菌・ウイルスを死滅させる滅菌レベルなのです。

レベルの高い滅菌を行えることで、患者様だけでなく、我々スタッフも感染から守られているのです。このオートクレーブのおかげで、働いている私たちも自信を持って安心して患者様に医療を提供できています。

当院では、クラスBのほか、クラスS・クラスNのオートクレーブも併用し、短時間で滅菌可能な小器具用の小型オートクレーブや、歯を削るタービンの自動注油機も導入し、迅速かつ安全に滅菌の行き届いた器具を常に患者様に提供できるよう対応させていただいております。

クラスB滅菌器 

③大事なことは毎日のお手入れ

 

毎日オートクレーブを正確に稼働させるため、スタッフが当番制でお手入れし、欠かさずお掃除も行っております。これを怠ってしまうと、どんなに機械が優秀でも滅菌が不十分になることもあり得るからです。これらを管理するのも我々スタッフの大切な仕事の1つになります。歯磨きと同じで、毎日のお手入れが重要なのです!

クラスBのオートクレーブは特に精密なので、メーカー様に直接メンテナンスしていただくことも心掛けて管理しております。

小器具用滅菌器

④当院における感染対策の取り組み

 

コロナが流行る以前から、当院では、患者様が安心して治療を受けていただけるよう、滅菌・消毒など衛生管理の徹底に努めて参りました。

滅菌消毒の徹底のほか、空気清浄機の導入や口腔外バキュームなど目に見えない細菌対策として、いち早く環境設備にも力を入れて取り組んできました。

施術者が触れる場所はラップをし、患者様ごとの交換も徹底しております。

※詳しくは、当院HP「院内感染予防の取り組み」をご覧ください。

https://www.tachibanadc.com/infection-control.php

 

タチバナ歯科医院は、患者様にとって「安心して治療が受けられる、かかりつけ医」であり続けたいと考えております。

やはり自分が患者として治療を受ける場合、接遇だけでなく、衛生面においても信頼できる医院に通いたいと思うからです。皆さんもそう思いませんか?

感染対策おいて、当院では自信を持って対応いたします!どうぞ安心してご来院ください。

今回このブログを読んで、医院の裏側では滅菌においてオートクレーブという立役者くん達が大活躍してくれているということを、皆さまに少しでも知っていただければ幸いです。

滅菌バッグ

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯科助手のお仕事

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科助手の佐藤です。

今回は、歯科助手のお仕事について簡単にお話しさせて頂きます。

歯科助手の仕事ってどんな事をするの?と思われる方もいらっしゃると思いますよね。

☆治療、アシスト義務☆

歯科医師や歯科衛生士が治療をスムーズに行えるように、サポートをします。治療、器具の準備や治療中のバキュームで唾液を吸い込み、被せものや詰め物をつけるためのセメントを用意したり、型を取るための印象材を練ったりもします。
歯科医師が治療する時にスムーズに治療が行えるように治療器具をタイミング良く渡すことも仕事です。
診療アシスト

☆診療室の管理☆

治療現場での清潔な環境を保つための、院内清掃、環境を整えることも仕事です。

☆治療器具の準備☆

診療前に使う器具を揃えたり用意をしたり、治療に使った器具を洗浄、消毒、滅菌をして、元の位置に戻して整理整頓することも歯科助手の仕事です。
器具洗浄

☆円滑な診療のサポート☆

患者様1人1人の治療内容を事前に確認、使う器具を準備やレントゲン撮影、口腔内写真撮影の準備をし、歯科医師や歯科衛生士、助手や受付で連携をとることで、安心安全に治療を提供出来るように努めております。

☆患者さん対応☆

来院された患者さんの状態を伺って歯科医師や歯科衛生士に伝えたり、治療後に次回のお約束(アポイント)を取ったり、電話でのキャンセルや予約変更等の対応をします。
患者さんの中にはドクターに相談しずらい治療の悩みがあったり、疑問や質問などちょっと聞いてみたいけど聞けなかった事があるのではないでしょうか。
そのようなちょっとした疑問、質問、その他もろもろを歯科助手が聞き、ドクターに伝えたりします。歯科助手は患者さんにとって一番近い存在の為、患者様とドクターの橋渡しの役割も大切な仕事になります。
電話対応

 

このように私たち歯科助手は患者さんの治療が安全かつ円滑に進むように努めております。そのためタチバナ歯科医院では患者様にもお願いをしている事があります。
いい治療を提供出来るようにスムーズに診療を進めるために、患者さんにも時間のお約束(アポイント)を守って頂く事をお願いしております。

歯科助手の1日の流れ

朝、出勤しタイムカード(当院はオンライン出勤管理ですが)を押し制服に着替える。
8時45分
朝礼、医院理念を皆で復唱し、スタッフ一同今日も患者様ファーストを信念に1日の来院される患者様の一人一人の申し送りをしてから、院内の清掃、診療の準備を行います。
9時30分診療開始
12時
午前診療が終わり、昼休みまでの時間内に治療で使った器具の洗浄、滅菌、消毒をします。
12時30分から13時30分まで休憩時間です。
スタッフはお弁当を持参したりして皆で食べています。
しっかり休憩することも仕事です。午後の仕事のために。
13時30分
午後の準備、午前同様、患者様をお迎える為の準備を行います。
14時午後の診療がスタートします。
18時診療終了
片付け、院内の清掃、明日の準備、カルテや書類の整理、機械の電源を落として業務終了です。
ただし、転んでぶつけて歯が折れたり、唇を切ってしまったなどのケガやお痛み、腫れ、前歯がとれた、入れ歯が壊れたなどの急な対応を要する患者さんがいらっしゃる事もあるので、休憩時間の入りや終了時間は残業する場合もあります。
歯科助手の仕事は歯科医の補助から使用する器具、道具の洗浄、消毒、滅菌と治療から受付、患者さんの案内、会計、次回予約やアポイント管理、電話対応、カルテの整理、院内の清掃など、医院業務全般のサポートをするのが助手の仕事になります。
仕事の範囲が幅広く、歯科専門用語もたくさんでてきます。歯科助手は資格が必要がありませんので、未経験でも歯科助手になれます。
タチバナ歯科医院では知識と技術の向上の為の常に歯科助手も学び知識を増やしています。

院内の縁の下の役割が歯科助手だと思います。

受付対応

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

ワンタフトブラシって何?

こんにちは。浅草の歯医者、タチナバ歯科医院 歯科衛生士の早川です。
今回は『ワンタフトブラシ』についてです。

「ワンタフトブラシって何?」「初めて聞く!」「見たことはあるけど使ったことがない」「買ってみたけど使い方が分からない」…ワンタフトブラシと聞いてどの反応が当てはまりますか?

ワンタフトブラシとはずばり磨きにくいところをピンポイントで磨く歯ブラシです。

 普通の歯ブラシと違い、筆のように毛先がぎゅっと密にまとまっているので、ヘッド部分がかなり小さい歯ブラシです。そのため通常の歯ブラシでは届きにくいところにスムーズに当てることができます。

歯並びの悪いところ、親知らず、完全に萌えきっていない歯、ブリッジ部分、歯周ポケットが深い歯、1本だけ離れている歯、矯正装置周辺など普通の歯ブラシでは磨き残してしまうところに使います。

当院では以下の2種類をメインに取り扱っています。

ワンタフトブラシ2種類

左:ミクリン 右:タフトブラシ

タフトブラシ  *タフトブラシ*
歯と歯の間にピタッとフィットするように毛先が三角形になっています。普通の歯ブラシでは毛先が届きにくいところを磨くのにお勧めです。

 

 

 

 

ミクリン*ミクリン*
タフトブラシよりも毛先が細くなっているので歯周ポケットが深いところから汚れを掻き出します。

通常の歯ブラシで磨きにくいと感じているところに是非使ってみて下さい。またお子様の仕上げ磨きで、舌が邪魔で下の歯の内側が磨けないと感じている方も是非使ってみて下さい。

使い方や選び方など何か疑問があれば当院の歯科衛生士にお尋ね下さい。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

定期検診の重要性について

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科衛生士の早川です。
今回は『定期検診』についてです。

治療が終わったら歯医者に行かなくていい、痛くないから行く必要がない、と思っている方が多いと思います。しかし、治療が終わったからこそ!痛くないからこそ!歯医者で定期検診を受けることが大切なんです。

厚生労働省が平成28年に実施した『歯科疾患実態調査』では、80歳になっても自分の歯が20本以上ある8020(はちまるにいまる)を達成した人の割合が51.2%でした。逆に言えば80歳になるまでに何らかの原因で9本以上(親知らずは含まず、全部の歯がある場合を28本として考える)も歯を失っている人が半数近くいることが分かります。

むし歯や歯周病から歯を守り、予防によって健康な状態を維持し自分の歯を多く残すためには、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診が必要不可欠です。

1.定期検診のメリット

①むし歯や歯周病になるリスクを大幅に軽減できる

②万が一むし歯などができてしまった場合でも早期の治療が可能

③早期の治療の方が費用と時間を抑えられる

④将来自分の歯を残すことができる

2.当院の定期検診の流れ

①口腔内だけでなく全身状態の確認
気になること、痛みの有無、服用薬の変化などを伺います。

②むし歯のチェック
むし歯になってないか、様子を見ているむし歯が進行していないかどうか確認します。また、必要に応じてレントゲンや口腔内写真の撮影も行います。

③歯周病のチェック
歯肉の炎症の状態。
歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝)の深さ。
歯周病により歯が動いていないかや噛み合わせの確認も行います。

④歯石除去
歯ブラシで取り残した歯垢や、歯垢が取り切れず固まってしまった歯石を専用の器具を使って取り除きます。

⑤着色除去
歯肉の状態が良く、時間が許せばヤニやコーヒーの着色を落とします。

 

⑥ブラッシング指

歯並びや歯磨きの癖などをチェックしながら、その方に合った歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方を指導します。

 

患者様の状態に合わせて、毎月または数ヵ月に一度の定期検診を勧めています。当院では最低でも4ヵ月に一度は定期検診に来るようお話をしています。当院の定期検診受診率は90%以上です。

一度削ったり失った自分の歯を元に戻すことはできません。治療が終わり再スタートをした方、健康な状態をキープしている方、それを維持するためにも定期的に歯科を受診し、予防によって一生自分の歯で過ごしましょう。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

院内研修会(選択理論心理学ワンデーセミナー)の報告その2

こんにちは浅草の歯医者、タチバナ歯科医院受付の飯沼と申します。

当院では年に一回、1日を臨時休診にして院内研修を行ってます。
先日その院内研修があったので今回はそのお話をします。

今回は外部講師(選択理論心理士、慶應義塾大学大学院SDM研究所研究員の齋藤みずほ先生)をお呼びして選択心理学のセミナーが開催されました。

教わった内容としては人は基本的欲求と呼ばれる5つの欲求を生まれながらにして持っているという事、上質世界の存在などの内容でした。
『基本的欲求』とは

①「愛、所属」の欲求②「力」の欲求③「自由」の欲求④「楽しみ」欲求⑤「生存の欲求」があるそうです。
私は①②の欲求は弱く③④⑤の欲求はとても強い結果でした。昔から団体行動が苦手で友達と買い物行ってもしばらくしたら一人で違うお店に入ったりしてました。この行動は自由欲求が強いからこその行動だったんだなと気付くことができました。
この欲求の強弱は人それぞれ異なっていて、この欲求が強いからあの人はああいう行動してたんだな、という発見があり面白かったです。人により欲求が違うからこそ相手の欲求を知り、尊重しながらお互い歩みよるのが大事、という事を学びました。

『上質世界』とは

人は脳の中に好きな事、興味ある事、楽しみな事をイメージ写真として持っているそうです。何か決断をする時にそのイメージ写真が上質世界に入ってるか入ってないかが重要な要素になっているそうです
私の上質世界はスヌーピー 、登山、北海道などが入っています。ここに最近「担当医」が仲間入りしました。この担当医が上質世界に入っていない時に採血して下さいと言われた時とても不快に感じました。ですが毎日会話してるうちに自然と上質世界へ入っていてその時に採血して下さいと言われても不快には感じませんでした。このように上質世界にいるかいないかで同じ事柄でも肯定的にみるか、否定的にみるか違う反応になります。

このセミナーから学んだ事

相手の上質世界に入ってしまえば依頼も意見も肯定的に捉える事ができるという気付きがあったので、これから仕事する上で私も患者さんの上質世界に少しでも入れたらいいなと思いました。その為には患者さんの頭の中には何が入ってるのか探って、何の欲求が強いのか理解することが大切だなと感じました。相手の表情や言い方、身に付けているものなどにヒントがあると思うので注目して仕事しようと思います。

タチバナ歯科医院受付

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]