歯科衛生士って、どの人?

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 歯科衛生士の早川です。
今回は『歯科衛生士』についてです。

よく私たちは患者様から「看護師さん」や「先生」と言われることがあります。また歯科助手と歯科衛生士の区別がついていない方がほとんどだと思います。あまり馴染みのない『歯科衛生士』というのがどんな仕事なのかお伝えします。

タチバナ歯科医院院内

1.歯科衛生士とは

歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯や口腔をはじめとした健康づくりをサポートする国家資格を有する専門職です。

2.歯科助手と歯科衛生士の違い

歯科助手は国に認められた資格はありません。受付事務や診療の準備・片付けを担当する仕事で、医療行為は行えません。

歯科衛生士は国家資格を持ち、患者様の口腔内に触れる医療行為を行えます。

3.歯科衛生士の三大業務

①歯科予防処置

歯科医師の指導の下むし歯予防のためにフッ化物などの薬を塗ったり、歯周病予防のために歯石を除去したりする。

②歯科診療補助

歯科医師の診療・治療を補助する。

患者様の口腔内を直接触れることのできる歯科衛生士が治療の一部を担当します。

③歯科保健指導

歯磨きや食生活指導を行う。

最近では寝たきりの方や要介護者などのために訪問口腔ケアを行ったり、咀嚼や飲み込む力を強くする訓練も行っています。

近年では、さまざまな研究から口腔内の健康と全身の健康の関係が明らかになり、歯科衛生士の役割にも関心が高まっています。歯科医院や大学病院だけでなく、市町村の保健センターや老人介護施設など活躍の場が広がっています。

いかに健康で長生きするか。
そのためには口の健康が一番だと思います。いつまでも自分の歯で食べる力・健康で生きる力が必要です。
幼い頃から予防の大切さを知り、一本でも多く自分の歯を残し、食事を楽しむ。そして口腔内の知識だけでなく全身医療知識も持って健康をサポートしていきます。

当院には歯科医師・歯科衛生士・歯科助手がいます。私たちはチーム医療で患者様の診療を行っています。皆様が安心して楽しく来院できるようスタッフ一丸となって取り組んでいます。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

自己紹介:常勤歯科医師 清水勇太郎(しみずゆうたろう)

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院、歯科医師の清水勇太郎です。

最近、勤務したのでみなさんに早く覚えてもらえるように日々頑張っています!しかしどんな人なんだろう?どんな先生なんだろう?と疑問に思っている患者さんも思います。

そこで今回、私の幼少期から今日までを簡単に自己紹介を書かせてもらいます。良かったら参考にして下さい。

清水勇太郎

幼少期

1994年に千葉県習志野市に産まれました。習志野市は幕張や船橋などへのアクセスが良く、公園や運動場もたくさんあるので外でたくさん遊べるとても良い環境でした。

清水勇太郎幼少期

父や母は医療従事者などではありませんでした。ただ、白衣を着て病気に向き合うお医者さんはなんかかっこいいと憧れがあった程度でした。

幼少期は走り回る少年でよく迷子のアナウンスになっていました。校長先生が一生懸命育てていた柿をこっそり取って食べて怒られたりしていました。サッカーが好きで地元のサッカーチームに入り、中学受験で塾に通ったりなど多忙な幼少期でした。

『医療への憧れはあったが、歯科医師になるという自覚はなかった』

青年期

獨協中学に入学しました。

小学生からサッカーが好きだったのでサッカー部に入部しました。授業中もサッカーの本ばかり読んだりしていてよく先生に取り上げられたりしていました。休み時間も廊下でボールを蹴ったりしてとても先生に怒られていました。

サッカー部ではキャプテンさせていただいたりして、どうしたらもっと上手くなるんだろう?ボールを遠くにとばせるのだろう?チームが勝つためにはどうしたらいいんだろう?と考えながら日々一生懸命頑張っていました。つらい時や苦しい時を乗り越え日々一緒に過ごしていた部活の仲間は今でもよく会うほどの仲です。

清水勇太郎青年期

『チームメイトの大切さ、一人一人の弱点を一人一人の長所で補う。努力する事の大切さ学びました』

そのせいで案の定、高校に上がっても成績はいつも学年底辺でした。あまりにも成績が低いので潜水艦と先生に呼ばれた事もありました。スポーツは頑張っていたので中高6年連続マラソン大会1位、6年連続スポーツテスト2位と運動は出来ましたが、勉強は全くできませんでした。

そんな中、大学受験でそろそろ勉強しなきゃいけないと感じた時にはもう高3でした。周りは受験ムードでしたが自分は全くそんな自覚はありませんでした。

高校の先生や親と進路相談した際に「勇太郎君は行ける大学はない」と言われました。

『自分は将来どうしよう?何になればいいんだろう?』

自分の通っていた学校は医者になる人がとても多く、回りの友達も医者を目指して勉強していました。その時に思ったのが幼少期の医者への憧れが蘇りました。そして自分はなにか一生懸命人にしてあげた時にありがとうと言ってもらえる事とその時感謝される事がとても好きでした。

『人に何かをした時にありがとうと喜んでもらえる事、人の役に立ちたい。そうだ。小さい頃の憧れでもある医者になろう』

そして、自分は歯医者になる事を決意しました。他の臓器は失ってしまったら普段のような生活を送る事は出来ません。しかし歯は削ってしまったり、失ってしまっても差し歯にしたり詰め物をしたりすれば普段のようにご飯を食べれて生活する事ができる、患者さんはとても満足してもらえるはず、患者さんの喜ぶ顔がすぐ見れる。

そんな思いで歯科医師になる決心をしました。

そして努力する事を部活で学んでいたので猛勉強してなんとか

現役で東京歯科大学に現役で合格する事ができました。

大学時代

大学時代も試験勉強が辛く、何度も挫折しそうになりましたが、友達に教えてもらったりしながら悠々自適な大学生活を送る事が出来ました。大学三年生の時には海外短期研修プログラムの交換留学生に抜擢され海外の医療と日本の医療を目の当たりにしました。

清水勇太郎大学時代1清水勇太郎大学時代2

そして大学5年時の大変な病院実習も乗り越えなんとか、現役で歯科医師国家試験に合格する事が出来ました。

大学時代から勉強は自分のためではなく患者さんのためと強い自覚で勉強に励み、常に成績優秀者に入り続けました。

研修医時代~現在

中高大とずっと東京にいたので、研修先は生まれ育った千葉県に戻りたいと考えていました。

そして千葉県の日本医科千葉北総病院の歯科で研修医時代を過ごしました。

歯科だけでなく、救命救急医療や麻酔科などの研修もあり切迫した空気の中、とても大変でしたが、無事1年に研修を終える事が出来ました。一緒に入った同期とは日々一緒に過ごし、忙しい時も困った時や失敗してしまった時など常に励まし合いながら成長する事ができました。

清水勇太郎研修医時代

そして研修医が修了して現在のタチバナ歯科医院で勤務する事になりました。

当医院はスタッフから院長まで温かく活気がありとてもいい人ばかりです。

研修医上がりの未熟な自分に怒る事なく一生懸命に指導してくれて日々感謝です。

また、6月から同期も入ってきてくれたので切磋琢磨して病気や疾患ばかりを診るのではなく患者の想いや社会的背景は考え患者を診れるような歯科医師に成りたいと思っています。

まだまだ未熟ではありますが、みなさまのお役に立てるように、頑張って勉強して行きますのでよろしくお願い致します。

清水勇太郎問診中

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯石って何?歯石除去って何のため?

こんにちは、浅草の歯医者。タチバナ歯科医院の歯科衛生士の奥山です^_^
今回は『歯石除去について』です!

…そもそも皆さんは歯垢や歯石とは何かご存知ですか??

当院では患者さんのお口の中から採取した歯垢を見てもらって質問し、患者さん自身に考えてもらいます。ほとんどの患者さんは「食べカス??」とおっしゃいますが、実は歯垢とは、『細菌の塊』なんです!そしてこの歯垢を放置したものが時間を経て硬くなり、石灰化したものが歯石となります。
この歯石を放置していると口臭の原因になったり、歯周病が進行へとつながってしまいます。歯周病とは最終的に歯の周りの骨が溶けてなくなり歯が抜けてしまう病気です。
歯が失われる理由のランキングでは実はむし歯と同じくらいでツートップを争っている深刻な病気なんです!

歯石除去

歯石は硬く歯ブラシでは除去できません。

なので柔らかい歯垢のうちに歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどの道具によるセルフケアでしっかりきれいにしましょう!
もし歯石になってしまったら、歯科医院でとってもらうようにしましょう!
時々「自分で道具を買ってとってるよ!」とおっしゃられる方もいらっしゃいますが、ご自身で取るととりきれなかった歯石のせいで余計にまたつきやすくなったり、口の中を傷付けてしまうので絶対にしないでくださいね_| ̄|○

タチバナ歯科医院診療室

タチバナ歯科医院では治療開始前や定期検診時に患者さんの歯石除去を行っています。

最初は超音波スケーラーという器具で超音波振動と共に歯石を大まかに除去し、残りの細かい歯石をハンドスケーラーを使用して丁寧に除去し、歯の表面を滑らかに仕上げていきます。
歯茎の中の見えないところにも歯石はつきます。歯茎の中は痛みを感じないように必要に応じて局所麻酔をしてから処置をしますので、患者さんにはなるべく負担をかけないように行いますのでご安心ください^_^
最初は歯医者が苦手で怖がっていた患者さんからも今では「定期的に歯石をとってもらうとさっぱりする!」「全然痛くないのね」とよく言っていただけます^_^
歯周病の予防の為にこまめに歯石取りにぜひいらしてください!

タチバナ歯科医院位相差顕微鏡

…ちなみに歯垢が本当に細菌なの??と思われた方は初診の時に顕微鏡で見ていただけますので是非確認してみてくださいね(=^▽^)σ

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯科医院で働く事、仕事への想い、患者さんへの想い

こんにちは。
浅草の歯医者、タチバナ歯科アシスタントの池田です。
今回は『歯科医院で働く事、仕事への想い、患者さんへの想い』についてです。

私は幼い頃から歯医者が苦手で麻酔も治療も怖くて、痛くても我慢してなるべく歯医者に行かない様にしていました。そんな事を繰り返していたら、歯の形がなくなる程虫歯が進んでしまい抜歯する事になってしまいました。
抜いた歯の前後の歯も虫歯で神経の治療をしていたので銀歯のブリッジに…
それも、下の奥歯左右共に銀歯になってしまいました。
会話をする時も、食事をする時も、笑う時も銀歯が見えてしまい大きく口を開ける時に人目が気になるようになりました。

後悔しても、歯を抜いたら元には戻らない。
歯を失ってから気付きました。

歯医者は、歯がある時ももちろん歯がなくなって入れ歯になっても通う場所なのに怖くて行けないままだと段々歯が無くなって、ご飯を美味しく食べる事も話をする事も出来なくなってしまうので、仕事にしてしまえば嫌でも慣れるのではないかと思い歯医者で働く事にしました。

実際に歯科医院で働いてみると、想像していたのとはかなり違いました。
治療だけではなく清潔区域と不潔区域を区別してルールを守る事や前の患者さんの菌やウイルスを次の患者さんに残さない事、技工物(詰め物、被せ物)をより良い物が出来上がる様に石膏を注いだり等々と、外から見ていた時とは違う安全面に対し徹底していて安心して働ける、患者さんに安心して通って頂ける様に取り組んでいる事を知りました。

感染リスクや器具の使い回しをしない等、安全を1番に考え患者さんに治療をしています。
働いている私達が、自信を持って安全安心な場を提供出来る様に一人ひとりが自覚を持ち患者さんと接しています。

私の様に、歯医者が苦手で怖いと思っている方に少しでもリラックスして治療をしてもらえる様に説明をしたり声掛けをしていきたいと思っています。

治療に対する恐怖心のため、なかなか通院出来なかった患者さんが意を決して来院して下さり、最初はかなり緊張されていたのですが段々慣れて治療が出来る様になってきて、少し期間が掛かってしまったのですが頑張って通って治療を終えた時に、歯が綺麗になって嬉しい、食べ物がちゃんと噛めるようになった、池田さんのおかげで頑張れたと、笑顔で声を掛けてもらえた時は私も本当に嬉しかったです。

10年前までは、“歯医者は虫歯を治療する所”と言うイメージでしたが、今は“虫歯や歯周病にならない様に予防する為に通う所”に変わってきています。
口の中は、人それぞれ違います。
その方にあったブラッシングや治療をお伝えしていけたらと思っています。
きちんと噛んで食事をする事で、胃や腸の負担が少なく健康で長生き出来ると言われています。

いつまでも健康な歯で、一本でも多く長く残していけるように患者さんと共に頑張っていきたいと思います。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

勤務医から見たタチバナ歯科医院

こんにちは。浅草の歯医者、タチバナ歯科医院 常勤勤務医の及川悠人です。
今回はタチバナ歯科医院の特徴について勤務医目線でお伝えしたいと思います。

私はこの度、タチバナ歯科医院に勤務して、勤続3年を迎えました。始めの一年間は、週一回の非常勤歯科医師として、残りの二年間は、週四日勤務の、常勤歯科医師として、勤務させていただきました。この三年を通して、感じたことや、タチバナ歯科医院の特色等について、述べさせていただきます。

タチバナ歯科医院及川先生まずは概要から

タチバナ歯科医院の診療科目は、患者層が乳幼児期のお子さんからご高齢の方まで非常に広範囲にわたるため、基本的には一般歯科における全科目(ワイヤー矯正等は除く)を網羅しています。最近では通院出来ない方の、歯科訪問診療も開始されました。各診療科目において、具体的な特徴などは、後で述べたいと思います。

スタッフ構成は、ドクタースタッフは、常勤歯科医師・非常勤歯科医師を含めて、男性歯科医師が3名、女性歯科医師が3名と、バラエティーにも富んでおり、男女どちらか選択したい患者さんにとっても良い環境が整っていると思います。また、最近では、大学卒業後2~3年の、比較的若いドクターの採用も行っており、フレッシュな人材が入ってきていることも特色です。

タチバナ歯科医院スタッフ女性スタッフは、常勤衛生士が3名、歯科助手・アシスタントが3名で、20代から40代まで、幅広い年齢層のスタッフが在籍しています。勤務医の自分の立場から、スタッフさんたちをみていると、患者さんとコミュニケーションをとるのが上手な人、効率よく仕事をするのが上手な人、勉強熱心な人、など、人数が多い分、いろんな特色を持った人たちと仕事をできるのは楽しいです。

歯科衛生士業務においては、保険治療においても、基本的に患者さん一人に対して、一時間の診療時間枠を設けており、これだけ時間があれば、丁寧かつ時間に余裕をもって、歯周病治療に専念できると思います。また、その時間的余裕により、患者さんと話したりして、コミュニケーションを図ることも可能になっていると思います。

タチバナ歯科医院診療中次に、タチバナ歯科医院の特徴について述べていきたいと思います。

院長先生が、大学病院口腔外科のご出身ということもあり、タチバナ歯科医院では、清潔域、不潔域への対応は、他院を多くみてきた自分から見ても、群を抜いているかと思います。タービンなどの医療機器はすべて患者ごとに交換するのはもちろんのこと、コンポジットレジンなどの歯科材料もふくめ、ユニットなどの手指が触れる箇所は、全てラップにて防護されており、患者ごとに、準備・片付け時に毎回すべてを交換しています。術者である自分は、それらの業務をすることは比較的少ないため、アシスタントさんたちには多大な労力をかけていると、常々申し訳なく思ってはおりました。しかし、今年に入ってから世界的なパンデミックを引き起こしている、新型コロナウイルス感染症の、感染症対策を考えると、タチバナ歯科医院では既に高いレベルでの感染防護がなされていたことになります。

タチバナ歯科医院院長及川先生また、院長先生のご出身は口腔外科であるため、インプラント関連の手術はもちろんのこと、通常の一般開業医ならば大学病院に紹介するレベルの、親知らずの抜歯術等も、クリニックにて行っています。その他、口腔外科領域における小手術に加え、昨年より完備されたクリニック2階にあるオペ室にて、難易度の高い歯周外科手術も行っています。

クリニック二階のオペ室には、歯科用マイクロスコープ顕微鏡も完備されており、難易度の高い根管治療の手術や、歯周外科手術等を、より高い倍率と解像度で、行うことが出来ます。録画機能も備えているため、直後に患者説明することも可能です。顕微鏡治療は基本的に自費診療になるため、治療費は高額になりますが、より精度の高い治療を求める患者さんにとっては、大事な選択肢になると思います。

次なる特徴としては、院長先生が全ての初診の患者さんに行っている、治療プラン説明制度です。TCルームという説明専用の部屋を用い、1時間かけて、丁寧に治療プランの説明だけを行います。僕も、ついつい治療をしながら説明を並行して行うというスタイルをとりがちですが、流れの中で会話しているため、記憶があいまいであったり、計画が変わってしまったりします。初回の治療説明で、患者と歯科医師がお互いにきちんと納得して、治療内容を確認しあうことは重要だと思います。

スーパードクター育成セミナー

最後の特徴として、院長先生の奥様の知美先生が行っている、小児に向けた口腔育成トレーニングです。早いうちから、口腔習癖等を改善し、本格矯正に移行することを防ぐ取り組みです。本格矯正は、お金や期間を要し、患者負担はかなり大きくなります。適用は限られますが、早い段階で口腔トレーニングを行い、最小限の処置で歯列矯正を行うことは、患者にとって有益なことだと思います。タチバナ歯科医院は小児患者の数も非常に多いため、小児歯科に接する機会が多く、う蝕などの表面的な疾患だけでなく、その子の生活習慣やキャラクターなど、歯牙以外の情報をいかに聞き出すかの、大切さをタチバナ歯科医院で学びました。

以上で述べたことは、タチバナ歯科医院の大きな隅角の一端であります。先々代から院長先生がクリニックを継承し、甘んずることなく、治療内容の拡充をし、日々精進なさり、患者さんに尽くしていく姿勢には、感銘を受けます。それにより、良きスタッフたちが集まり、良き患者さんたちが集まってくるのだと思います。そのような場所に身を置けたことを、幸せに思います。

タチバナ歯科医院及川先生

タチバナ歯科医院で学んだことを、今後の歯科医師人生の糧として大切にしたいと思います。地域の歯科医療を守り、一口腔単位で患者さんを診ることのできる歯科医師になれるよう、日々治療に邁進していきたいです。

 

 

注記:及川医師は2020年4月をもちましてご退職されました。
今後はご実家である巣鴨の「おいかわ歯科」にて診療されます。
おいかわ歯科ホームページ↓

トップページ

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]