歯医者が好きになる方法

こんにちは、浅草の痛くない歯医者、橘樹秀春(たちばなひではる)です。  

ちょっとご無沙汰していたら、すっかり晩秋になってしまいました。 もうすぐ12月、年末なんですね。 今年の締めくくりへ向けてラストスパートします。   さて、みなさんは、歯医者が好きですか?嫌いですか? 歯医者が嫌いという方が多いかもしれません。 理由は、「痛いから」とか「恐いから」というのが多い気がします。 行くたびに、注射されたり、歯を削られたり、苦しい型取りされたりしたら、普通イヤになりますよね。   一方で、歯医者に行くのが「別に嫌いではない」むしろ「好き」という方もいらっしゃいます。 この違いは何でしょう?   もし歯医者へ行くのがイヤな理由(注射、痛み、辛さなど)がなくなる方法があるとしたら・・・ 知りたいですか? やってみたいですか?   歯医者の好き嫌いの違いの多くは、歯医者の行き方、かかり方の違いだと思います。   歯医者嫌いの方の多くは、歯が痛くなったり、詰め物が外れたり、歯ぐきが腫れてトラブルになってから歯医者に行きます。 当然、治療が必要な状態ですから、注射や歯を削る処置などが行われます。 歯が悪い状態で治療を行いますので、痛みが強かったり、余計に辛かったりします。   一方、歯医者好きな方の多くは、歯が痛くない、特に何も問題を感じない状態で歯医者へ行きます。 虫歯や清掃状態のチェック、歯のクリーニングのために受診します。   そうなんです。歯が痛くなくても歯医者に行っていいんです。   問題がなければ、歯医者で行われることは検査とクリーニングだけですから、痛くも辛くもありません。 毎回だいたい同じことを繰り返しますので、すぐに慣れて処置が快適になります。 何より、歯を削らず、虫歯や歯周病の発生を防げます。 痛い治療、削る治療をせずに、歯を一生健康に保てます。 IMG_39492 歯医者嫌いな方も(もちろんそうでない方も)歯を大切にしてほしい。 あなたの大切な歯を守るために、歯が痛くない、何も問題がない(と思っている) ”いま”歯医者へ行く行動を起こしませんか?


The following two tabs change content below.
浅草の痛くない歯医者 タチバナ歯科医院の橘樹秀春(タチバナヒデハル)です。日々の診療や生活の中の出来事を通じて、お口や身体の健康のための情報や歯を痛めないコツ、歯の重要性などをお伝えして行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。