休日に奥歯の詰め物がとれちゃった。どうしよう。

こんにちは、浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院、院長の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

詰め物がとれた〜‼️
旅行先で奥歯の詰め物がとれちゃった。
帰宅したけどお盆で歯医者は休みだし、どうしよう〜。

とれた詰め物

こんな時どうします?
実際、私が今その状態ですので、適切な対処方法をお教えします。

1、痛くなければ、歯科医院の休み明けを待って電話。予約を取って受診する。
このケースは緊急性はないので、予約が少々先になっても大丈夫です。

最近はお盆でも普通に診察している医院も多いです。ご自身のかかりつけ医へ電話などで確認してみてください。
通常、休み明けは診療だけでなく電話も混雑します。余裕があれば1~2日あけても良いです。

 

2、痛い場合は、診療している医院を探します。

最近は休日や年末年始に診療している医院もあります。また、大抵の自治体で休日歯科診療をやっています。区役所や歯科医師会のホームページなどに情報がありますので探してみてください。

私もそうですが、痛くない場合は詰め物がとれたことを忘れてしまいます。
忘れて放置してしまうと治療が大変になったり、最悪の場合は歯を抜かなければならない事もあります。
お口のトラブルが生じた時は必ず歯科受診してくださいね。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯周病治療の種類

歯周病治療の種類

こんにちは。浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院院長の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

今回は歯周病治療についてお話しします。

歯周病のこと知ってます?

来院される患者さんに歯周病についてお聞きしています。
ほぼ全ての患者さんが歯周病の事は詳しくはわからないとお答えになります。
現在、日本の成人の約80%が歯周病だと言われています。
ほとんどの人が歯周病なのに、自分の病気の事を知らないのだけでなく、自分が病気であることさえ知らないのです。

歯周病の原因

歯周病は歯磨きを含めた生活習慣の乱れによって起こる病気です。
毎食後に歯磨きをする習慣がなかったり、やっていてもきちんとできていなかったりが原因で常に食べカスが残っていると、バイ菌が繁殖します。
そのバイ菌のせいで歯ぐきが腫れるのが歯周病の初期症状「歯肉炎」です。
歯肉炎は全く痛くないので、自分ではわかりません。
痛みはないのですが、この状態が長く続くと歯ぐきの下にある骨(歯槽骨)が溶けます。これが歯がグラつく原因です。

他の病気の原因にもなる?

心臓や脳の血管梗塞、動脈硬化、肺炎、糖尿病、低体重児出産など、多くの病気のリスクファクターであることがわかってきています。
歯ぐきは人間の体で唯一、血管が外部と直接接している部分で、油断すると血管内に簡単に細菌の侵入を許してしまうのです。血管に入り込んだ細菌は、体の中を巡りやがてどこかで定着します。定着した場所で病気を起こすのです。

軽度歯周病の治療は簡単です

原因がきちんと歯磨きをできていないことですから、ちゃんと毎食後に歯磨きをするだけです。ただし、歯ブラシだけでは50〜60%くらいしか綺麗にできません。歯と歯の間に残ってしまうのです。
歯と歯の間を綺麗にするために「フロス」や「歯間ブラシ」が必要です。
どちらを使うかはその方の状態に合わせて決めなければなりませんので、かかりつけの歯医者さんで相談してみてください。

最初はびっくりするほど歯ぐきから出血するかもしれませんが、気にせずやり続けてください。綺麗になってくると歯ぐきの炎症が治まって血が出なくなってきます。血が出なくなったら(軽度の方は)治ったと考えて良いでしょう。

中等度歯周病の治療

基本は軽度の方と全く同じです。
歯ぐきから出血がなくなったら、歯ぐきの再検査を行います。
再検査にて治っていない場所を把握します。
その場所の歯ぐきにに麻酔して、歯ぐきと歯の境目の溝(歯周ポケット内)を掃除します。掃除とは歯石をとって歯の面をツルツルにすることです。
そうすることで歯ぐきの腫れが引いて、歯ぐきと歯の境目の溝(歯周ポケット内)が浅くなります。やはりこの状態で歯ぐきからの出血がなくなったら治癒と判断します。

重度歯周病の治療

重度の場合は抜歯になってしまうことも多いです。
残せる歯を診断して中等度歯周病までの治療を行います。
これで治らなかった場合は、手術を併用します。
歯ぐきを切って剥がしてから、歯面をツルツルにして歯ぐきを戻します。
いろんな症例に対応するために種類がたくさんあるのですが、基本は歯周ポケットを手術で浅くするために行います。

 

よくある質問

Q:マウスウォッシュを歯磨き代わりに使っているが有効ですか?

A:マウスウォッシュは歯磨き後に補助的に使用するものです。
歯磨きの代わりにはならないと考えています。

 

Q:どの歯磨き粉がいいですか?

A:歯ブラシできちんと汚れが取れるようになることが重要です。
歯磨き粉の種類はあまり関係ありません。

 

Q:歯周病は治らないって本当ですか?

A:溶けてしまった骨が回復する事はほとんどありませんので、そうゆう意味では治らないとも言えます。ただし適切な治療によって歯周病を排除し現状を長く保つ事は、多くの場合で可能と考えております。

 

Q:タバコが歯周病に悪いって本当?

A:タバコは歯周病を悪化させます。また喫煙したままですと治療結果も良くないです。きちんと治療したいので禁煙をお勧めしております。

 

Q:治療は痛いですか?

A:歯磨きがきちんとできるようになると歯ぐきの炎症が治ります。
歯ぐきの炎症が治まった状態は麻酔が効きやすいのでほとんど痛くないです。

 

Q:治療期間は?

A:軽度の場合は1ヶ月程度です。中等度の場合は3〜6ヶ月くらい。重度の場合は数年かかる場合があります。

 

まとめ

いかがでしょうか?
歯周病は一度進行すると元には戻らない病気です。
しかも痛くないので気がつきません。

しかし毎日の歯磨き、フロス、歯間ブラシを見直すこと、歯医者さんで定期検診を受けて歯石をとることで予防できる病気でもあります。

一生、自分の歯で美味しく食べて健康でいるために、ぜひ歯を大切にする習慣を身につけられてください。
最後までお読みくださりありがとうございました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

浅草の歯医者、タチバナ歯科医院では定期的に勉強会を開催しています

こんにちは、浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

先日、午後の診療を休診にして院内でカウンセリング勉強会を開催しました。心理カウンセラー兼社会保険労務士の布留川先生をお招きしてスタッフ全員でカウンセリングの基礎を学ぶ勉強会です。

今回は予約が取り難い中で、なぜ診療を休診してまでこのような院内勉強会を開催しているのかと勉強会の内容を報告させていただきます。 まずこのような勉強会を開催する目的ですが、私たちは歯科医院で医療を提供させていただいております。その基礎となる専門知識や技術を歯科医師は大学で、歯科衛生士は専門学校で、歯科助手は歯科医院でそれぞれ学びます。 でも知識や医療技術はどんどん進歩しますし、カウンセリングや予防歯科やインプラントのように新しく求められるようになった医療技術もあります。 つまり良い医療、常に最高の医療を提供するためには、知識や技術のアップデートが不可欠なのです。 タチバナ歯科医院では歯科医師だけでなく、スタッフ全員が知識と技術向上に取り組む姿勢を持っています。 全員で一緒に学んだ方が効率的かつ効果的であることも多いので、このような院内勉強会を実施しております。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

全国学校歯科保健研究大会に参加しました。

こんにちは、浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院院長の橘樹秀春です。

IMG_5878 先日、診療を休診して長野に出張してきました。 歯医者が出張?と思われる方もいらっしゃるかも知れません。 出張の目的は、第79回全国学校歯科保健研究大会に参加するためでした。 実は開業歯医者の仕事にはいくつか種類があります。 一つは、みなさんよくご存知の「診療所で行われる治療」ですね。 あとは、治療を学ぶための「勉強」です。 最新の治療や不得意な治療も勉強や練習でできるようになります。 また、「啓蒙活動」も重要なお仕事です。 来院者のみ対象の啓蒙活動にはかなり限りがあります。 来院されていない方々の方が、歯を大切にすることや予防の重要性をご存知ない場合が多いので、医院外で啓蒙活動する意味は大きいと思います。 さらに、「経営」というのもあります。 個人経営だとしても歯科医院はたいてい従業員がいる小企業ですから経理や総務が必要です。 つまり「治療」の他にもたくさん仕事があるのですね。 IMG_0274 それで、長野で勉強してきたのです。 大会では多くの学校歯科医や養護教諭の先生が発表されていました。 最近の傾向で、虫歯が減少した代わりに噛む機能やあごの発達、味覚異常の報告が多くなっています。 その中で私が気になったのは、学校歯科検診でのチェック項目に対応した説明用紙を用意して、チェックに引っかかった子供に配布している取り組み、検診を児童だけでなく全教職員へも行う取り組み、給食に同席して食べ方や癖をチェックする取り組みなどでした。 私が担当する幼稚園児や小学生ですと、虫歯や歯肉炎予防のために保護者の協力が欠かせません。 保護者への情報提供や予防重要性の啓蒙はもっとしっかりとやって行かなければと思いました。 具体的な方法も考えたので、来年の実施へ向けて協議を始めます。 自分だけで考えていても凝り固まってしまったり、偏ったりしてしまいます。 学会や研究会で他の先生の考え方や方法を学ぶことはとても刺激になりますね。 これからもどんどん学んで、虫歯と歯周病を撲滅するためにがんばります。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

リニューアルオープンと当院の治療方針

こんにちは、浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院院長の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

当院は昭和14年に私の祖父(橘樹四雄)が開院して以来70年以上に渡り、当地浅草で地域の皆さまに支えられて診療させて頂いております。 医院は昭和52年に父(橘樹俊英)に引き継がれ、今年(平成27年)私へ代替わりすることとなりました。 3世代に渡って通院してくださっている患者様も多く、歴史のあるこの医院を引き継ぐことにプレッシャーもありますが、より良い医院、皆さまの歯と健康を守る医院を創ることで貢献していきます。 よろしくお願い致します。待合室_03 私は歯科医師になって20年、大学病院や総合病院、一般の歯科医院で多くの患者様の診療にあたってきました。その中で多くのことを学ばせて頂きましたが、最も強く印象づけられたことは「医療には限界がある」ということでした。歯科医師になりたての頃は、正確な治療、精密な治療を必死になって勉強しました。しかしレベルの高い治療ができるようになっても再発や悪くなってしまう患者様は絶えません。治療だけではむし歯や歯周病リスクを下げられないこともイヤというほど思い知らされました。「患者様の本当の幸せ」は治療ではなく「予防にある」と確信しました。 むし歯や歯周病治療には少なからず痛みや苦痛を伴います。しかも治療によって「本当の治癒」は得られません。 本当の治癒は、むし歯や歯周病にならない事「予防」でしか得られないのです。 予防すれば、恐くて辛い治療は不要です。ご自分の歯で何でも噛んで美味しく食べられます。歯がキレイだと笑顔になれます。歯はしゃべるのにも重要です。 治療しないことが最高の治療だと思うのです。 このため当院では予防を最重要の軸にして診療を行っております。 基本的な診療の流れをお知らせします。 1、お口の中の状態をすべて検査して診査・診断します。(痛みがある場合は応急処置を行います)(応急処置がない場合4千円くらい) 2、検査結果から現状の説明とこれからの治療の相談、その後の予防方法についてお話しします。(5百円くらい) 3、口腔清掃指導や歯のクリーニングを行って、治療前にお口の中の状態を整えます。(2千円くらい) 4、治療を開始します。 5、治療後はメインテナンスのために1~4ヶ月毎の来院をオススメしております。 当院は完全予約制となっております。 待ち時間はほとんどございません。 予約はお電話で承っております。 お気軽にご連絡ください。 タチバナ歯科医院 TEL03-3875-0648 診察室_02

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]