虫歯になる人、虫歯にならない人

こんにちは。浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医医院院長の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

今回は虫歯になっちゃう人とならない人についてお話しします。

ところでみなさんはいつ歯磨きしていますか?

1日何回歯磨きしますか?

タチバナ歯科医医院では毎日のようにこの質問をしています。

ほとんどの方が毎日歯磨きしているようです。

でも回数やタイミング、時間はそれぞれ千差万別です。

毎日いろいろな方から話を聞いているので、虫歯がない人、虫歯がある人の違いがわかります。

虫歯がある人の歯磨きはだいたい1日1回です。

起床時とか夜寝る前とか、朝が夜にされていることが多いようです。

そして虫歯だけでなく、歯周病にも罹っていますが、どちらも痛くないので自分が虫歯や歯周病になっていることがわかりません。

来院された時には重度の虫歯と歯周病が多数ありますので、治療が長期になってしまうことが多いです。

一方、虫歯がない人は1日3日くらい歯磨きしています。

毎食後にされている方が多いです。

歯石除去などを希望されて来院されますので、虫歯がない場合がほとんどで、軽度の虫歯があっても1~2本、歯周病もごく軽度というケースがほとんどです。

当然治療は短期ですぐに終わります。

この違いを生み出しているのは「意識」だと思います。

虫歯がある人は無意識です。「歯磨き1日1回=虫歯ができる」を知らないので意識できません。

虫歯がない人にも無意識の方はいます。1日3回毎食後に歯磨きするのが当たり前のことだと教えられて育った方です。特に意識することなく虫歯や歯周病が防げて、治療や痛い思いをせずに一生自分の歯で美味しく食べて過ごせるのですから、とても幸せなことです。ご両親から(の場合が多い)の最高のプレゼントだと思います。

一方「歯磨き1日1回=虫歯ができる」に気づき、意識して毎食後に歯磨きされている方もいらっしゃいます。

毎食後に歯磨きすることが当たり前ではなかったので、最初はこれを意識しないとできませんが、「歯磨き1日1回=虫歯ができる=治療が大変=そうなりたくない=自分の歯を保ちたい」とつながってくるとそれが習慣になり、いずれ無意識になります。

つまり虫歯ができてしまう人も虫歯を防ぐことができるようになるのです。

もちろん歯磨きだけが全てを決めるわけではないのですが、とても大きな要素です。

虫歯や歯周病でお困りの方は、まず「食べたら磨く」をやってみてはどうでしょう?

食事だけでなく間食や飲み物にも注意が必要です。

意外とやっていない、必要以上に食べている、飲んでいる事に気づくかもしれません。

そうしたらどうすればいいの?自分の場合はどんな手段が有効なの?

かかりつけの歯医者さん、担当の歯科衛生士さんに相談してみましょう。

きっとあなたにとって一番有効なプランを一緒に考えてくれるはずです。

最近は予防を重視している歯医者さんが多くなっています。

かかりつけがない方もぜひ探してみてください。

きっとあなたを心強くサポートしてくれる歯医者さんが見つかると思います。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯医者がコワイ!?

こんにちは、浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院、院長の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

歯医者がコワイ!?

今回はある患者様からの相談メールとそれに対する私の返信をご紹介します。

「歯医者や痛みが怖くて治療に行けない」という方は読んでみてください。

初めまして、〇〇と言います。
安心して長く通える歯医者さんを探す為に日々インターネットで調べています…
私は…若い頃から歯医者が怖く…
中々歯医者へ行く勇気が出ません。
この年齢になって何を言ってるの?と思われてしまうかもしれませんが…
かなり恐怖心が募っています。
20代前半に突然パニック障害、恐怖症、心配症等々になってから
歯医者への恐怖心が強くなりました。
歯医者へ行かなきゃ、行かなきゃと思い予約をする為に電話を取るのですが…いつも断念してしまい…
どうしても治療しなきゃならない時は、前日から寝れず…
緊張しながら歯医者へ行き泣きながら治療したりと、かなりおバカなヤツです…
今回、歯医者に行かなくてはと思い10日程前から歯医者を探して
こちらのタチバナ歯科医院へ辿り着きました。
無痛治療への説明、クチコミを拝見して勇気を出してメールしました。
今、数年前に治療を途中で止めてしまい放置してある歯があり(左上奥歯穴があいております)
右上奥歯(どの辺の歯か分かりません)に痛みがあり触れたり食べたりすると痛いです。
歯の痛みによる肩こりもあります。
今回、きちんと治療をして今後へのケアもしていきたいです。
ですが、まだ怖くて歯医者に行く決心がつきません。
歯を削る時の、あの何とも言えない痛みと
神経を抜く際の痛みと激痛への恐怖…
人生の中で歯医者への恐怖心が悩みです。
こんな私でも治療はできますか?
長文申し訳ありません。
本気の相談です。。
宜しくお願い致します。

 

私の返信

〇〇様
お問合わせありがとうございます。
タチバナ歯科医院、院長の橘樹秀春です。

一度、歯医者で痛い思いをしてしまうと、歯医者へ行けなくなってしまいますよね。
実はたくさんの方が〇〇様と同じように苦しまれているのを聞いたり見たりしてきています。
〇〇様のこれからの人生にも、きっととても大きな影響を与えてしまうでしょう。

私には子供が4人がいます。
10年以上前ですが次女が虫歯になってしまいました。
私はとてもショックでした。プロなのに虫歯を防げなかった事もそうです。
しかし、それよりも大事な娘に虫歯を作ってしまったことが本当に申し訳なく、悲しかったのです。
自分の甘さを痛感しました。そしてそれからは決してむし歯を作らないように、より予防を重視して
自分の子供にも患者さん(子供も大人も)にも接するようになりました。
私にとって虫歯を治療することは楽しいことではありません。
できれば全ての人が虫歯などにならずに、健康な歯で一生を終えることを願っています。

〇〇様のお話を聞いて、なんとかお力になりたいと思っています。
HPにも記載しておりますが、当院は1回目の来院時に治療することは、ほとんどありません。
1回目は検査だけです。2回目も説明と相談だけです。
3回目は歯ブラシ指導と歯石とりです。
それでも慣れなければ治療を開始しなくても構いません。できるようになるまで待ちます。
まず1度検査のために来院されてみてはいかがでしょうか?
そしてよろしければ2回目の検査結果説明と治療相談にいらして、〇〇様のお話を聞かせてください。

実は当院では、〇〇様と同じように歯医者がすごく怖くてメール相談をされて、その後来院されて
治療を受けられる方が多いです。そして多くの方が長い期間の治療を頑張って完了されています。
その時には歯医者嫌いを克服されています。
その要因の多くは当院のスタッフにあります。
スタッフはみんな、患者さんの精神的なサポートに常に気を配っています。
本当に心の優しく笑顔が素敵なスタッフですので安心してご来院ください。
ご連絡お待ちしております。

 

〇〇様からのお返事

メールで御相談をさせて頂いた〇〇と言います。
メール拝見しました…
ありがとうございます。
大袈裟かもしれませんが、メールを読み終えて泣いてしまいました。
ちょっと安心してしまい…そして勇気が持てました。
今までに、歯医者へ行き私の不安を話して面倒くさそうにする先生やスタッフさんが居たので…
正直、今回怖くて仕方がありませんでした。
ですが先生に相談して本当に良かったです。
最初のメールにも書いた通り、しつこいようですが痛みにかなり弱いです。
現状、右上奥歯は何もしなくても痛みがあります。
虫歯治療は勿論、口臭、歯周病、前歯の黒い部分が今一番気になる事です。
頑張って通えるよう努力しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました。

 

この患者様は勇気を出して治療を開始されました。もちろん最初はかなり緊張されていましたし、すごく怖かったと思います。

しかし、良くなりたい、もうこんな思いをしたくない、という強い思いが恐怖を乗り越えさせてくれたのだと思います。

治療が痛いか痛くないかと言ったら、正直痛いです。(ごめんなさい)

でも、できるだけ痛くないようにさまざまな配慮をしています。技術だけでなく気持ちに寄り添う事が一番重要だと思っています。それをスタッフがしっかりとやってくれるのがタチバナ歯科医院の最大の強みで、患者様が「怖さ」を克服して治療を完了できる要因なのだと思っています。

このような歯医者が怖い、けれどもちゃんと治療したいと思っている患者様からの相談をたくさん受けています。相談できない方もたくさんいらっしゃるのでしょう。この患者様は「自分のような方が1人でも救われればいい」とメールの公開に快く同意してくださいました。私も同じ気持ちです。

日本中からこのような不幸をなくしてしまいたいと本気で思っています。そのためにこれからもより一層むし歯と歯周病の予防に努めていきます。

最後までお読みくださりありがとうございました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

休日に奥歯の詰め物がとれちゃった。どうしよう。

こんにちは、浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院、院長の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

詰め物がとれた〜‼️
旅行先で奥歯の詰め物がとれちゃった。
帰宅したけどお盆で歯医者は休みだし、どうしよう〜。

とれた詰め物

こんな時どうします?
実際、私が今その状態ですので、適切な対処方法をお教えします。

1、痛くなければ、歯科医院の休み明けを待って電話。予約を取って受診する。
このケースは緊急性はないので、予約が少々先になっても大丈夫です。

最近はお盆でも普通に診察している医院も多いです。ご自身のかかりつけ医へ電話などで確認してみてください。
通常、休み明けは診療だけでなく電話も混雑します。余裕があれば1~2日あけても良いです。

 

2、痛い場合は、診療している医院を探します。

最近は休日や年末年始に診療している医院もあります。また、大抵の自治体で休日歯科診療をやっています。区役所や歯科医師会のホームページなどに情報がありますので探してみてください。

私もそうですが、痛くない場合は詰め物がとれたことを忘れてしまいます。
忘れて放置してしまうと治療が大変になったり、最悪の場合は歯を抜かなければならない事もあります。
お口のトラブルが生じた時は必ず歯科受診してくださいね。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯周病治療の種類

歯周病治療の種類

こんにちは。浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院院長の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

今回は歯周病治療についてお話しします。

歯周病のこと知ってます?

来院される患者さんに歯周病についてお聞きしています。
ほぼ全ての患者さんが歯周病の事は詳しくはわからないとお答えになります。
現在、日本の成人の約80%が歯周病だと言われています。
ほとんどの人が歯周病なのに、自分の病気の事を知らないのだけでなく、自分が病気であることさえ知らないのです。

歯周病の原因

歯周病は歯磨きを含めた生活習慣の乱れによって起こる病気です。
毎食後に歯磨きをする習慣がなかったり、やっていてもきちんとできていなかったりが原因で常に食べカスが残っていると、バイ菌が繁殖します。
そのバイ菌のせいで歯ぐきが腫れるのが歯周病の初期症状「歯肉炎」です。
歯肉炎は全く痛くないので、自分ではわかりません。
痛みはないのですが、この状態が長く続くと歯ぐきの下にある骨(歯槽骨)が溶けます。これが歯がグラつく原因です。

他の病気の原因にもなる?

心臓や脳の血管梗塞、動脈硬化、肺炎、糖尿病、低体重児出産など、多くの病気のリスクファクターであることがわかってきています。
歯ぐきは人間の体で唯一、血管が外部と直接接している部分で、油断すると血管内に簡単に細菌の侵入を許してしまうのです。血管に入り込んだ細菌は、体の中を巡りやがてどこかで定着します。定着した場所で病気を起こすのです。

軽度歯周病の治療は簡単です

原因がきちんと歯磨きをできていないことですから、ちゃんと毎食後に歯磨きをするだけです。ただし、歯ブラシだけでは50〜60%くらいしか綺麗にできません。歯と歯の間に残ってしまうのです。
歯と歯の間を綺麗にするために「フロス」や「歯間ブラシ」が必要です。
どちらを使うかはその方の状態に合わせて決めなければなりませんので、かかりつけの歯医者さんで相談してみてください。

最初はびっくりするほど歯ぐきから出血するかもしれませんが、気にせずやり続けてください。綺麗になってくると歯ぐきの炎症が治まって血が出なくなってきます。血が出なくなったら(軽度の方は)治ったと考えて良いでしょう。

中等度歯周病の治療

基本は軽度の方と全く同じです。
歯ぐきから出血がなくなったら、歯ぐきの再検査を行います。
再検査にて治っていない場所を把握します。
その場所の歯ぐきにに麻酔して、歯ぐきと歯の境目の溝(歯周ポケット内)を掃除します。掃除とは歯石をとって歯の面をツルツルにすることです。
そうすることで歯ぐきの腫れが引いて、歯ぐきと歯の境目の溝(歯周ポケット内)が浅くなります。やはりこの状態で歯ぐきからの出血がなくなったら治癒と判断します。

重度歯周病の治療

重度の場合は抜歯になってしまうことも多いです。
残せる歯を診断して中等度歯周病までの治療を行います。
これで治らなかった場合は、手術を併用します。
歯ぐきを切って剥がしてから、歯面をツルツルにして歯ぐきを戻します。
いろんな症例に対応するために種類がたくさんあるのですが、基本は歯周ポケットを手術で浅くするために行います。

 

よくある質問

Q:マウスウォッシュを歯磨き代わりに使っているが有効ですか?

A:マウスウォッシュは歯磨き後に補助的に使用するものです。
歯磨きの代わりにはならないと考えています。

 

Q:どの歯磨き粉がいいですか?

A:歯ブラシできちんと汚れが取れるようになることが重要です。
歯磨き粉の種類はあまり関係ありません。

 

Q:歯周病は治らないって本当ですか?

A:溶けてしまった骨が回復する事はほとんどありませんので、そうゆう意味では治らないとも言えます。ただし適切な治療によって歯周病を排除し現状を長く保つ事は、多くの場合で可能と考えております。

 

Q:タバコが歯周病に悪いって本当?

A:タバコは歯周病を悪化させます。また喫煙したままですと治療結果も良くないです。きちんと治療したいので禁煙をお勧めしております。

 

Q:治療は痛いですか?

A:歯磨きがきちんとできるようになると歯ぐきの炎症が治ります。
歯ぐきの炎症が治まった状態は麻酔が効きやすいのでほとんど痛くないです。

 

Q:治療期間は?

A:軽度の場合は1ヶ月程度です。中等度の場合は3〜6ヶ月くらい。重度の場合は数年かかる場合があります。

 

まとめ

いかがでしょうか?
歯周病は一度進行すると元には戻らない病気です。
しかも痛くないので気がつきません。

しかし毎日の歯磨き、フロス、歯間ブラシを見直すこと、歯医者さんで定期検診を受けて歯石をとることで予防できる病気でもあります。

一生、自分の歯で美味しく食べて健康でいるために、ぜひ歯を大切にする習慣を身につけられてください。
最後までお読みくださりありがとうございました。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

浅草の歯医者、タチバナ歯科医院では定期的に勉強会を開催しています

こんにちは、浅草の痛くない歯医者、タチバナ歯科医院の橘樹秀春(たちばなひではる)です。

先日、午後の診療を休診にして院内でカウンセリング勉強会を開催しました。心理カウンセラー兼社会保険労務士の布留川先生をお招きしてスタッフ全員でカウンセリングの基礎を学ぶ勉強会です。

今回は予約が取り難い中で、なぜ診療を休診してまでこのような院内勉強会を開催しているのかと勉強会の内容を報告させていただきます。 まずこのような勉強会を開催する目的ですが、私たちは歯科医院で医療を提供させていただいております。その基礎となる専門知識や技術を歯科医師は大学で、歯科衛生士は専門学校で、歯科助手は歯科医院でそれぞれ学びます。 でも知識や医療技術はどんどん進歩しますし、カウンセリングや予防歯科やインプラントのように新しく求められるようになった医療技術もあります。 つまり良い医療、常に最高の医療を提供するためには、知識や技術のアップデートが不可欠なのです。 タチバナ歯科医院では歯科医師だけでなく、スタッフ全員が知識と技術向上に取り組む姿勢を持っています。 全員で一緒に学んだ方が効率的かつ効果的であることも多いので、このような院内勉強会を実施しております。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]